WordPressの予約投稿で失敗した場合の対応策

予約投稿失敗-スクリーンキャプチャ

wordpressを久々にインストールして予約投稿を設定した際に予約投稿の失敗をしてしまった。
このような予約投稿の失敗は以前にも何度かあり、毎回ググって調べて対処することにも面倒くさくなってしまったので以下にまとめておこうと思う。

指定時間になっても「予約済み」からステータスが変わらない。

今回のエラーはこのケース。
指定時間に予約をして「公開」ボタンをクリックしたのにも関わらずステータス「予約済み」のまま公開されない。調べてみたところ、

「WordPressで予約投稿に失敗する。「予約済み」からステータスが変わらない時。」

上記のサイトを参考に、「設定」→「一般」の「タイムゾーン」を「東京」に設定変更をしてみたところ一発で解決した。初歩的な設定ミスということでインストール時に自動的に設定してくれるものだと勝手に思い込んでいた、ということで大いに反省。

BASIC認証を設定している場合。

最初はこのケースであると思っていた。
wp-cron.phpと同ディレクトリ、もしくは投稿画面にBASIC認証を設定している場合、ステータスが「予約投稿の失敗」となり、公開できない現象が起きる。
その場合は、.htaccessに

Satisfy Any
order deny,allow
deny from all
allow from 192.168.0.0

”192.168.0.0”の箇所はWordPressをインストールしているサーバのIPアドレスに変更。

参考サイト・・・
WordPressの予約投稿が失敗した時に試す4つの解決策

その他、プラグインに起因しているエラーがあるらしい。
参考サイトを以下に掲載。

 

 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena